オーガニックの意味とオーガニク コスメ【オーガニックが良いその理由とは】

オーガニック
オーガニックの意味とオーガニック コスメ【オーガニックが良いその理由とは】

オーガニックの意味とオーガニック コスメ【オーガニックが良いその理由とは】

なんとなく健康というイメージはあるけど、正直よく分からないって方はまだまだ多いと思います。
おしゃれなイメージ、今の流行などオーガニックという言葉が先に広がってしまったからだと思っています。

オーガニック成分・・・有機栽培(低農薬もしくは無農薬で育てられた)された植物のエキスを使用した成分

有機農業
「有機農業の推進に関する法律」(平成 18 年法律第 112 号)の第二条において、有機農業は次のように定義される「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業」

農林水産省

分かりにくいですよね。
もっと分かりやすく説明していきます。
無農薬、低無能薬といえば、イメージしやすいのが野菜ですね。
農薬がいっぱいの野菜は、誰も食べたくありません。

農林水産省認定のエコファーマーによって生産されたものをオーガニック野菜と国は認定しています。
個人で自給自足されてる方も比較的農薬は使っていない、極力使わないところもあるかとおもいます。

オーガニック

さて、野菜について話しましたが、オーガニックコスメ、オーガニックケアクリームなどはどうでしょうか?
コスメやケアクリームの中に体に害のある薬品が入っていたら、怖くありませんか?
オーガニック野菜で体の中から美意識を高めつつ、オーガニックコスメで髪も肌も当たり前の自然な材料で作られたものを使いたいです。
では、次にもう少し掘り下げてみましょう。

【オーガニックではない、体に危険な成分って何??】

旧指定成分という、例えば以下のような材料で化粧品が使われたりします。


・イソプロピルアルコール(石油原料の抗菌性溶剤)
・メチルイソチアゾリンオン(殺菌・防腐)
・メチルパラべン(防腐剤)
・プロピレングリコール(染色体異常や内臓等への機能障害の恐れ)
・DEA・MEA・TEA (アレルギーを引き起こす)

などが、比較的に現在も使われているものですが、自然派(オーガニック)化粧品のものでもフェノキシエタノールを使っているものも普通にあります。

怖い話ですよね。

旧指定成分については ⇒ あなたのケアクリーム安全ですか?【これは気を付ける100の成分】
このブログを見た少しでも多くの方にオーガニックを意識してほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました